未分類

耐震性を高めるさまざまな技術や知識が研究されています。

最近は定期的な大きな地震が続いており、この機会に自宅の耐震性を高めたいと考えている人が増えています。住宅展示場などのモデルハウスなどを見ますと、殆どの家が耐震性の高い物になっていて、少し前までなら柱間に筋かいなどを取り付けて補強したり、柱のつなぎ目の部分に金具で補強したりする方法が使われています。最近は屋根の重さを軽くしたりして、全体の重心のバランスを変更したり、1階の部屋の大きさを小さくする事や柱の間隔を均等にするなどの技法が取り入れられています。国も耐震工事などのリフォームにはリフォーム減税などの制度を設けてサポートしています。ですが、やはり新築の住宅を手掛ける際に考えて対応を行わないと出来ないものも多く、耐震性に限らず耐火性や耐熱性などの構造的な部分の充実を意識しての家づくりが大切になります。多くのモデルハウスなどを見学して、工務店やハウスメーカーなどが独自で提案している家の構造的な充実対応を参考にしてほしいです。

新築住宅のインテリア

新築住宅の住宅インテリアは迷うものです。家具の配置などで部屋の印象は大きく変わってきます。背の高い家具よりも低い家具を置くことで狭い部屋を広く見せることができます。背の高い家具は入り口から離れた場所に置くという工夫でも広く見えます。カーテンの色と、壁紙の色はできるだけ同じ系統の色にしましょう。壁紙とカーテンの色を一緒にしてしまってもいいでしょう。圧迫感がなくなり、統一感が出てお部屋が広く見えます。収納は物が増えるごとに増やしていたら家具がふえてしまうので、お部屋に備え付けのものを利用したり見えないように工夫をしましょう。ひとつで二役も三役かってくれる家具があると便利です。家具は小さいものを選ぶと部屋が広くみえます。だいたい、普通より一回り程度小さいといいでしょう。部屋がスッキリします。大きなソファーを置くよりも、小さいイスを複数個置く方が効果的です。色や大きさや配置を少し変えるだけで住宅の印象は変わります。

外観のかわいさに憧れる方が多い北欧住宅

家を建てる時におしゃれで暖かみがあり、それでいて個性的なイメージがある北欧住宅を希望する方は多くいます。最近では北欧デザインの雑貨や家具などの人気があり、その影響もあり注目を集めている住宅です。
北欧というとスウェーデンというイメージが強くありますが、しっかりとした定義などはなく、基本的にスウェーデンやデンマークなどの周辺の国で作られていら住宅の作り方で作られたものが北欧住宅と呼ばれています。その特徴は枠組壁工法という作り方で作られ、壁材が建物を支えています。そして、機密性が高く熱を外に逃さない作りになっているので寒い冬でも家の中が暖かいというのが特徴の1つになります。
また、断熱性の高い窓や二重や三重の窓などにすることで機密性をより高めています。三重県で新築、北欧住宅を希望する方の中には、絵本から出てきたようなかわいくて個性的な外観に憧れる方も多くいます。
デザインはとてもかわいい印象ですが、その貴重となる色はシンプルなもので、シンプルを好む日本人にはとても合っているものです。

新築住宅、北欧住宅とは

三重の北欧住宅という言葉を聞いたことがあるでしょうか。その名の通りスウェーデンやフィンランドの住宅のことです。最近、北欧の雑貨や家具の人気とともに住宅の需要も高まっています。北欧住宅というのに定義があるわけではありませんが、木材を基調にしたぬくもりある住宅は日本人の感性に合っているようです。モダンで落ち着いた雰囲気の外観が北欧住宅の特徴です。「絵本に出てきそう」と言われ、屋根は比較的に急勾配です。派手な装飾はありません。シンプルで洗練されています。また、オシャレなデザインだけでなく住むということに長けているのが北欧住宅です。スウェーデンやフィンランドなど、北欧の国はとても寒いです。外はあまりにも寒いので必然的に家の中にいる時間が長くなります。そんな寒さでも快適な住宅です。断熱性と気密性に優れていて、家の中の暖かい空気を逃さないのが特徴です。空調の効率が良くなります。日本人にとても合っている家なのです。

新築の平屋住宅が魅力的です

三重 新築で家を建てる場合に平屋住宅を選択する人も多くなってきています。これは建てた後のリフォームが安く済むという点と建築費も2階建よりも面積が少なくなる分、安くなるからです。また地震でも揺れに対して2階建て以上の家よりも強く家を失う心配が少ないという点も大きいです。将来的に年をとった時に2階にいくのは非常に大変になってしまいます。メンテナンスが出来なくなってしまうと家はどんどんいたんでしまうので高齢になっても掃除などがしやすい平屋住宅を選ぶ人も多いようです。子供の数が少なくなっている現代では2階建の大きな家を建てても最終的に余ってしまう可能性が高いです。部屋数の少ない平屋ならば空いた部屋も簡単に次の使い道を決めやすく無駄のない使い方が出来ます。3LDK以上ある家にすればリビングの他に3つの部屋を確保出来ます。共用スペースとプライベートスペースを上手に分けるようにレイアウトを考えれば平屋であってもプライバシーを守る事は出来ます。

家族が見える暮らしを実現出来る平屋住宅

最近の新築住宅の中には限られた敷地の中に建物を建築するため2階建てや3階建ての建築物が多くあり、昔ながらの平屋住宅の数自体が減っています。三重県 平屋住宅と言うのは階数が1階の建築物で、ある程度の土地の広さが無ければ住居空間を作れないため、数自体が少なくなっているのです。建物を建築する土地と言うのはそれぞれ容積率や建ぺい率が法令で定められているため、敷地面積が20坪在ったとしても土地いっぱいに建物を作ることが出来ません。それ故に、狭い土地などに家を作ると言った場合、階数を増やした形で住居スペースを確保していくと言う事です。平屋住宅の良い所と言うのは、家族が見える生活が出来ると言う点にあります。例えば、マンションなどの場合は1つのフロアーに全ての住居スペースが確保されており、子供が部屋にいるのか、それともお風呂に入っているのかを階段の昇り降りをすることなく確認する事が出来ると言うメリットが在ると言う事です。

二世帯住宅のメリット

新しく住宅を購入するなら二世帯住宅に限ります。親と子どもは、別々で暮らすのが普通なのですが、最近は犯罪が多発しているので離れて暮らしていると不安です。不安が何もなく安心して暮らすことが出来るのに最適な住宅が二世帯住宅です。二世帯住宅には家族そろって一つ屋根の下で暮らすことが出来る他、様々なメリットがあります。一体どのようなメリットがあるのか、経済面、融資面、税金面という別々の視点から説明します。まずは経済面ですが建設する際のコストが削減できるので節約が出来ます。次に融資面ですが家族分の公的融資を受けることが出来ます。公的融資とは住宅が災害などに見舞われた場合に元通りに復興できるように一部お金を融資してくれるので便利です。なので災害などに遭った場合でも心配する必要は一切ありません。そして、税金面ですが二世帯住宅は面積が小さいので税金が抑える事が出来るので負担がかかってしまうということはないです。

二世帯住宅が増えているとはどういうことか

複数の世帯が同居している状態の家族のことを、複合家族と言います。かつて日本では、この複合家族が当たり前でした。「家」という制度が今よりもずっと重視されていたからです。しかし戦後になって「家」制度の束縛が弱くなったことで、核家族化が進行してゆきました。もっとも、核家族化が進んだ原因はそればかりではありません。都会に出てきた若者が自らの世帯を持ち始めたことも大きな要因になっています。そして月日は流れ、新しく生まれた核家族の子供世代が新たな世帯を持ち始めます。その中で、問題になったのは親世代の老いた核家族でした。「誰が彼らの面倒を見るのか」という問題が取り沙汰される中、二世帯住宅が再び注目されるようになってきているのです。新築の住宅を建築する際、「親との同居」を前提として設計することは今や珍しくなくなってきています。日本の家族のあり方は、核家族を経て再び複合家族に回帰しつつあるのです。近年の二世帯住宅新築ラッシュは、それを物語る大きな証拠と言えます。

住宅ローンは無理のない範囲で

三重県で家を建てようと考える人なら、誰しも住宅ローンが気になる所です。新築を一括で購入できるくらい力のある人は別ですが、ほとんどの人はローンを組むことを前提として考えるでしょう。住宅ローンを組める会社は山ほどあるので、どこでどのようなプランを組めば良いのか迷いますし、正解はありません。頭金がどのくらいあるのか、金利はどうするのかなど、検討するポイントがいくつかあります。家計を踏まえた上でのシミュレーションをしてくれる所もあるので、参考にすると良いでしょう。どの会社やプランにしようとも、毎月の返済額は決して無理のない範囲で決めることが重要です。ボーナスを当てにして計画するのもできれば止めた方が良いです。例えそれがなくてもやり繰りできるようにしておかないと、この先10年20年のうちにボーナスが急になくなることもあるからです。繰り上げ返済をしていくと最終的に払う金額が安くて済みますが、この繰り上げ返済も、無料でできる場合と手数料がかかる場合があるので、注意しましょう。

わが家が工務店でマイホームを建てた理由

わが家が工務店でマイホームを建てた理由は、単純に「注文住宅にしたかったから」です。もちろん、ハウスメーカーでも注文住宅を建てることは可能ですよね。実はわが家も一度は検討したものです。

けれどもハウスメーカーの場合、わりとガッツリと「住宅設備メーカーはどこどこで?」と、お付き合いによる指定が入っていましたので、それでハウスメーカーでの注文住宅は断念することとなったのです。

やはりマイホームの善し悪しを決めるのは、第一に間取り、第二に住宅設備だと思っていますので、自分たちの好みの住宅設備を入れることはゆずれなかったのです。

しかしいくつか回ったハウスメーカーでは、どこも自分たちの希望する住宅設備を入れることは難しいということで、それで結局工務店にて注文住宅を建てることにしたのです。

とは言え、工務店でもそれぞれ「どこそのメーカーとはお付き合いがあるので値引率が高い」ですとか、そういった関係はありますけれど、基本的には入れられない住宅設備メーカーはないということで。

ですから結局、マイホーム 三重の建設は工務店にて注文住宅で建てることにしたのです。