失敗しない壁紙リフォーム

壁紙のリフォームをする際に、失敗しない選び方のポイントがいくつかあります。まず、住まいのトータルイメージを決定してから、それに沿って各部屋のベースカラーを決めることが望ましいです。例えばリビングの場合、ベージュ系なら温かみのある雰囲気になり、グレー系は都会的な雰囲気を目指すことができます。また、お気に入りの家具の色を基準にして選ぶ方法もあります。そして壁紙を実際に貼ると、小さなサンプルで見るよりも色が薄く見えるので、少し濃い目の色を選ぶことがポイントです。それから壁紙の柄は、狭い部屋には小さな柄、広い部屋には大きな柄を選ぶのが基本です。狭い部屋の壁全体に大柄のものを貼ると、圧迫感が出て部屋が狭く感じる場合がありますが、大柄のものを気に入った場合は、壁の一面だけにアクセントとして貼ると失敗しないです。また、広い部屋に小さな柄のものを貼りたい場合も、アクセントとして使用するとおしゃれな雰囲気に仕上がります。さらに、壁紙の素材で多いのはビニールですが、他にも温かみのある木質系のものや、調湿性のある珪藻土を含んだものなどもあるので、部屋の用途に合わせて選ぶのが理想的です。

SNSでもご購読できます。